竹田知華がウォーキング講師として伝えたいこと「人は挑戦すると変われる」

2015年の「ミス・ユニバース・ジャパン」で、岡山県代表としてファイナリストに選出された竹田知華さん。竹田さんは現在、大阪市を拠点にウォーキング講師とモデルとして活躍中だ。彼女は「ミス・ユニバース・ジャパン」での経験を活かすために、今ある道を選んだという。

「竹田知華がミス・ユニバース・ジャパンでの経験を語る」

ミス・ユニバース・ジャパン以降、どのような道を歩んできましたか?

竹田:ウォーキング講師とフリーモデルとして活動してきました。ミス・ユニバースのビューティーキャンプを経て、「自分で何かをしたい」という思いが強くなっています。モデル事務所等に所属をしないで、私のこれまでの人生で学んだことを皆さんにお伝えし、美容に関するセミナーやイベントでゲスト出演もしています。

―ミス・ユニバースの経験が活かされているという訳ですね。

竹田:そうなります。現在、個人でウォーキングレッスンを開講しています。今まで企業様研修やイベントで発信をしてきましたが、一般の方に対してより身近な存在となって、1人1人に対して健康で美しい歩き方ができるように、と思っています。
しかし、今回の新型コロナウイルスの影響により、通常のレッスンを一旦見合わせて、オンラインのレッスンを進めています。お客様が、疑問をすぐ解決できるレッスンにしていきたいですね。

ウォーキングにこだわる理由について教えてください。

竹田:歩くことは、性別、国籍、職業に関係なく、全ての人間が日常生活で行う当たり前の動作ですよね。その動作がより良質なものへと変わり、健康的な美しさを維持できるようになれば、特別なトレーニングは必要なくなります。

健康的な生活を求める多くの人達が、ウォーキングに注目するようになっています。今こそ正しい姿勢で美しく歩くことが、求められているのではないかと思いますね。

ウォーキングを普段から意識してみようと思います。「EeNa」を見た人にサービスがあればお願いします。

竹田:初回レッスンを無料で提供いたします。

ありがとうございます。今後の目標はありますか?

竹田:個人でのウォーキングレッスンを続けることと、定期的にセミナーを開催することですね。第一印象を磨くことができるウォーキングを学んでいただきたいです。また、フリーモデルとしての幅も広げていきたいですね。

他に何か伝えたいことがあればお願いします。

竹田:バトントワリングに取り組んできたのも、ミスユニバースに挑戦したのもウォーキングレッスンを行っているのも、全てが自己表現であると思います。

私が行うウォーキングレッスンでは、健康維持のために歩くことの重要性をお伝えしています。それは言うまでもなく、広めていきたい内容ですが、レッスンだけでなく、「人は挑戦すると変われる」という可能性を「世界中の皆さんが感じてもらえるようになればいいな」と思います。

最後に、竹田さんの夢を教えてください。

竹田:日本だけでなく、世界中で知名度を上げていきたいですね。可能性は無限にあるので、挑戦した先に結果があると思っています。これから様々な分野で挑戦していく未来を担う人たちに、私の姿を参考にしてもらえれば光栄ですね。  (了)

―プロフィール―
竹田知華(Tomoka Takeda)
【現在】
・フリーモデル
・ウォーキングアドバイザー
【過去】
・2015年  ファイナリスト
・auKDDI様スキルアップ講師
・積水ハウス様ウィメンズサロンセミナー
・関西コレクション出場モデル
・ウォーキングレッスン
・阪急西宮ガーデンズファッションショー等
広島県出身。バトントワリングで海外でのパレードや演技披露を経験後、文化の違いや表現の違いから世界を視野に美に対する表現を考察する。また、2015年度ミスユニバースジャパンファイナリストを経て「すべての女性が主役に」をテーマに「美」と「健康」について自ら発信していきたいと思い、全国各地でウォーキング講師や審査員、イベントや企業セミナー講師として活躍中。

身長:163㎝
生年月日:1988,8,28
血液型:O型
blog
https://ameblo.jp/tomoka828?

関連記事